Line Messaging APIとGASでLineBot

ふと思い立ってLine Botを作ることにしました。
割と特殊な環境のためSSL証明書をサーバにインストールするのに四苦八苦する羽目に。
Line Messaging APIのWebhookではSSL通信が必須とされているので、
何とかしてHTTPSサーバを調達しないといけなかったのですが、
ググってるとやりたいことをやってる先人達が…。
routecompass.net
inside.pixiv.net
qiita.com
qiita.com
Google Apps Scriptという便利なサーバーサイドスクリプトがありました。
一時期騒がれた時期もあったなーぐらいの認識だったのですが、意外な救世主に。
テストも外部からAPIを叩く必要があったのですが、
外部とのトンネルを一時的に作ってくれる「ngrok」でテストサーバを疎通させました。
gihyo.jp

OpenCV&Pythonでボールトラッキング→失敗

Python3.5とOpenCV3でオブジェクトトラッキングを試してみた。
参考:
qiita.com
qiita.com
結論から言うと、物体のトラッキングはできるものの、
野球のボールは移動量が人間よりも多い(アルゴリズム的に正反対)のと
小さくて特徴点が検出できなかったので無理ですかね。
映像ソースにもよるとは思います。
gist.github.com
qiita.com
範囲の絞りこみ(画像切り出し)、エッジ検出は試したものの検出率は上がらず。
こういうときのディープラーニングかな。

イヤホン修理。

いつもはソフトウェアエンジニア(プログラマ)として働いたり、
趣味でコーディングしたりしていますが、
今回は断線してしまったイヤホンのプラグ交換。
ネットにいくつか交換方法が載ってたので、結構参考になりました。

段ボールに刺して固定するのはナイスアイディアだと思いました。
d.hatena.ne.jp

ページング多すぎてうざかったですけど一番わかりやすかった。
monostudio.jp


f:id:ckoshien:20170202155110j:plain
上から
・半田付け後にボンドで固めたところ
・根本を熱収縮チューブで固定
・付属のカバーをつける
・完成
半田ごてを使うのは中学の技術の授業と
折れた傘の骨を無謀にも半田で接着しようとしたころですかね。
もう15年ぐらい半田ごて触ってなかったです。